スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
Buts長男誕生
2006 / 08 / 25 ( Fri )
久々にButs宅へ行ってきた。
最初の子が生まれた時以来だから3年振りくらいだろうか
そう遠くもないのだけれど家庭持ちの家にはほいほいとは行き辛く
あっと言う間に3年近くが過ぎていた。

ちょと古めかしい団地が並ぶ中のひとつなのだが
緑が多くて子供を育てるにはよさげな場所だ。
階段を登ってピンポンしてみると赤ちゃんを抱えたButsが出てきた。
「おう、入って入って」と言う後ろで大きくなった長女が不審な目で私を見つめている。
「ドッグっていうんだよワンワンって言ってごらん」と怖がる娘を安心させようとするパパ。
私もおどけて「ワンワン」と言ってみせるが父親の背中に隠れてしまう。
「まあ適当にしてって」と言われ、することも無く部屋をぐるりと眺め回す。
長女が生まれた頃は何も無かった部屋が子供のモノだらけになって
家庭らしい匂いが伝わってくる。

二人目の子供は男の子でパチクリした目と大きな鼻が父親似で笑ってしまう。
「抱っこする?」と言われて恐る恐る抱いてみるが
すぐにムズがられ火が付いたように泣き叫ぶ。
これだけ元気なら心配ない。
「ほれ、コレお祝い」と祝儀袋を渡す「おっ!ワリー」とButs

赤ちゃんの世話で手が離せず放置プレイが続くので
「ちょと掲示板にカキコしたいけど使っていい?」
「ああ、グローバルパスから入って使って使って…」
今度は長女がグズって相手してるようで忙しそうだ。
テレビからネットモードにつないでみる。
タスクにパソコンモードが入っているの気付く。
「Butsまだパソコンモードとか使ってんの?」
「なんかねアレ以来パソコン使う人少なくなっちゃたけどACIDが使い易くてね…」
「ふ~んまあ使い慣れたモノを捨てられない気持ちは分るわ~」
「Windowsもappleもなくなったしね」
「俺はもうアレ以来パソコンとか全部捨てて曲作りも全部アレでやってるよ」(*注1)

198 名前:30min/dog ◆L5f5pmTtBE 投稿日:2018/07/01(土) 13:13:58 DD:sedrftgyhujikolp@WTKY/USJP
Buts二世そっくりでゲラワロスwww

「なんの掲示板?」
「んっ?いや別にw」
「ところで仕事どうなん?」
「パパーアイスー!」
長女に相手してて気付かなかったみたいだ…
裕福とは言えないがジングルやゲームの曲作りで家族4人を食べさせるには困ってないようだ。
たまにはゲストTMとして今や誰もが知る売れっ子になってしまった○○○とかから依頼がくると言う。
近所に小さいながら専用スタジオを構えるも昼間は子供の世話で“主夫”としていることが多いようだ。
深夜にパパが居ないと子供が泣くらしくそれがこの仕事の唯一悲しいところかなぁ~と
子煩悩らしい言葉を吐く。

長女がアイスに夢中な間にニヤニヤしてこっちにやってくる。
B「なになに?」
d「ん!いや…こうしてアレのお陰で脳内だけで曲作れるようになって便利になったなぁ~なんて」
B「サラン様様だ…」
d「ああ、お母さんまたテレビに出てサランの話してたね」
B「…」
B「その話はもうやめよう…」
d「そだね…」
d「だから早めに女知っとけって言ったのにな」
d「まさかアレの献体にサランが…」(*注2)
B「もうやめろッ!…」
 「……」
d「ごめんごめんw相変わらずお喋りでワリィ…」
d「もうこの話はしないから。な。」
B「……」
d「いつも俺らとつながってるしな…」
d「今度、渋谷のサラン水上記念碑行ってみるかな久しぶりに…」
B「あぁ…」

ちょっとお喋りが過ぎてアイスに歓喜する長女を他所に
微妙な空気になってしまったとろこに
「いらっしゃ~い!30分さんお久しぶりです~」
緊迫した空間を一気に埋めるがごとく
近所のファミレスでパートをしてると言う奥さんが昼休みで帰って来た。
どうでもいいけど夫婦で呼び方統一しろよwとほくそえんでしまう。
いやちょっと緊張感が急にほぐれてしまったせいかもしれない。

「あなたッほら、お茶も出さないで…」さっそく怒られてるようであるw
「すみませんお祝いいただいちゃったみたいでありがとうございます」
「いやいや少ないけど気持ちだけ…」
「パパそっくりだねw」
「そうなんですよ~」ととても幸せそうな笑顔を見せる。
若い頃“自称よいロリコン”を名乗ってた割りには
年上女房をもらってすっかり尻に敷かれてる姿がすっかり板について
過ぎ去りし年月をうかがわせる。

「パパに似てよい音楽家になるといいね」
「うんうん30分さんのところに通わせますよ」
「俺はホラ未だに素人だからwww」
「そんなことないですよ~」
「月謝は割り引かないよw」(*注3)
「うちの人がたくさん稼いでくれるそうですからw」
「え~ドッグに金払うのかよ~w」
「ハハハハハハッwwww」

「んじゃそろそろ帰りますよ」
「ゆっくりしてってください」
「いやいや、元気そうな赤ちゃんで良かったよ」
「半年も過ぎて遅くなってごめんね」
「いえ~とんでもないですよ。ありがとうございます」
「ほらー!あなたっ30分さん帰るからー」
「おぅまた来てよ」
「おうおうまたね」
「またきてくださいね~」

階段を降りて遊歩道から見えなくなるまで見送ってくれてたのがうれしかった。
緑の多い武蔵野の木々の中を気の早い蝉が泣きはじめていた。
汗を拭いながら三鷹の海上バス乗り場までゆっくりと歩いた。
帰る方向とは逆の秋葉原行き~渋谷サラン水上記念碑公園経由の海上バスに乗った。(*注4)



*注1 アレ なにかとんでもない技術革命があったらしくてパソコンと言う過去の産物はアレの中に組み込まれたデバイスの一部になってるらしい。
*注2 サランRap アレの開発の為に献体となった世界中の中で選ばれた唯一の日本人。彼の恩恵で日本もなんとか国として維持出来てるようだ。海上となった渋谷にサランの記念碑がある。
*注3 なんだか細々となにかを子供達に教えて生計を立ててるらしい。即座にそれになりきって返事できるのは夢ならではのマジック。
*注4 三鷹から先は海となって沈んでいるらしい。SF好きが高じてか?実現しないことを切に望む。
*注  すべて夢を見たまんま書き出しましたんで登場人物の方々お許しくださいw

妙に好評だった夢第1弾はこちら↓『ニックとミルキとイカとドライブ』
http://30mindog.blog29.fc2.com/blog-entry-14.html
スポンサーサイト

テーマ:(・ω・)ノ - ジャンル:日記

16 : 12 : 00 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(3) | page top↑
WWWレポート
2006 / 08 / 06 ( Sun )
午後13:45
渋谷到着

■渋谷なら何処でも分かるよw
と思ったものの全然分からない会場。
人がポツポツ集まってるの見かけてやっと合流できる。
つかMCぬるぽ(武雲)がWWWの看板持って駆け抜けてったw
tom2やちさつなど東京OFFで顔を知る人とご挨拶、ご挨拶。
ラッパークマーと初対面!あのお声からは想像もつかないキュートなお方。
Butsやサラン上新庄チームとも再開。
握手を交わしてると見知らぬ人が…
風玉と初対面!あのお声からは想像もつかない屈強なお方。
と、さむえを着た馬が握手の手を差し伸べてくる。
なんだコイツ!「30分知ってる人だよw」と言われても
こんなおバカなお馬さん知らんよwww
さむえを着た馬さんはアレでハチ公前に迎えに行くらしい。
会場にはTH10も来てるよとの情報。会いたいッ!

店に入るともうDJが音を流していた。
抹の名を出せば1500円が1000円になると聞いて来たものの
ディスカウントされず持ち込み禁止で水まで没収(´Д`)

2ちゃんだけでないのでほぼ知らん顔ばかり。
tom2やちさつと話してるとやっとトップバッターのラップが始まるみたいだ。

■たくま登場!
最年少という心配もあり大丈夫かな~と親心。
俺のトラックキタ━━(゚∀゚)━━!!!!
なんと1曲目はクルコンで乗ってもらったモレの曲ですた。
ああ良かったしっかりと低音が響いております。
写真を撮ろうとするも暗いし離れてるし全然撮れません。
姿は見えないものの曲だけ耳を澄まして聞く事にしました。
たくまは本当に生なのかというくらいしっかりとうp曲通りに再現してました。
http://mocha.ndap.jp/music/song/rap.mp3 ←track by 30分

■さらん(SJK)登場!
ひょっこりひょうたんG-Funkからはじまって
これまた生とは思えないほどの再現性。
風雲相討学園フラット
は両脇に普通がならび3人で競演。

正直どのトラックも低音が出て無い。
しかしこのトラックは上から下までしっかり音が出てる。
フロア全体に音が響くように計算されてるし
さらにサブソニックな超低音もしっかり出てる。
誰のトラックだったっけとステージを終わったサランに聞いてみると
FuzzBoxああ~なるほど。これは後で報告しようとメモメモ。
http://chstyle.rim.zenno.info/12/hurato.mp3 ←track by FuzzBox

■風玉登場!
期待が高まるもののアイドルのメドレーと思いもつかぬ構成に唖然www
ステージ馴れしてるせいもあって曲間も客を退屈させずに喋り捲る。
つかちょと喋り長いよwww
次はと東京のイントロがかかると「まだ早いよ」としゃべりDJがまた途中でイントロを出す
まるでDJと漫才してるようで客の楽しませ方もちゃんとわかっている。

タクマが使ってくれたトラックが予想以上に音が良かったので
東京もすごく音が気になる。
「東京!ー」ステージは盛り上がるものの
隅でOTZと凹む俺…究極に音が悪い…
音像がボヤけてるし低音が中途半端に濁ってフロアに響いて無い。
これは作り直さないといけないと決心。
http://chstyle.rim.zenno.info/10/tokyomisuke.mp3 ←track by 30分

■宙CHEAT登場!
愛の証明。2ちゃん以外でやっと有名な曲を聴ける
ついつい素晴らしいフローラインに一緒に口ずさんでします。

■吟遊詩人登場!
お馬さん登場!さすがに今度は馬ではなく吟遊詩人でやるらしいw
どちらかと言うとライブ派ではなく録音派の人なので
ライブをどうこなすか期待が高まる。
以外にも四つ打ちの曲とか出て来てノリがよい。
最後は名曲『彼の墓へと続く道』でしっとりとさせる。
奇行の名士とは思えない涙あふれる曲。
http://a-babe.plala.jp/~ginyu/a_road_to_his_grave_-net.mp3 吟遊詩人

■天烏登場!
さっきからすんごくデカイコワイ人がうろうろしてんだけど
怖くてしょうがなかった。って思ったら演者の人だったのか。
トラックがアブストラクトで浮遊感があってとても好み。
コワイMCとの相性もいいし。もっと聞いてみたかった。
このMCがボロボロ目の前で泣いててついついもらい泣きしそうになる。

そういえば数人から30分さんですか?と聞かれた。
なんでわかりました?と問い直すと
「大人の人が30分さんらしいと聞いて…」
ああ~なんだか若作りして半ズボンとか穿いていったのに
オサーンに見えるのかな~と凹む。
と、また「30さん?」と声をかけられ「はいあなたは?」ときくと
「Fuぅうだgっふぁつgyひう」音にかき消されてわからない。
「FuzzBox」工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚) ェェェェェェ エエエエエエ工工工
色々驚いた事が多かったけど今日一番のサプライズでした。
それからは二人でず~っと喋ってました。
トラック製作秘話やお互いのあれこれとか長年の友にやっと会えたといった感じで
曲がかかる毎に「あ~低音がスカスカね~」とか「このトラックいいのに次の曲全然ダメじゃん」とか
久々に音楽談話に花が咲き有意義な時間が持てました。
名古屋からわざわざ来て貰ったようで感謝です。
笑ったのは昨日まで一緒に曲を作っていたという司がFuzzBoxにアドバイスとか
緊張しまくりでテンパリまくりです。歌詞全部飛んだとかなんで俺がラス前とかなんだと
もう今にも倒れそうな勢いですw

■普通登場!
やっぱタカツキの音はすごい。でもFuzzBoxの方が鳴りが良かった。
SUGEEE!!!はすでにクラシックなのか?
全員合唱状態。Fuzzと「皆よく歌詞おぼえてるよね~」いやスゲーなー…
って、ああああ!!!だからSUGEEE!!!!なんかと二人で大納得w。

■yack DRAGON1
このへんから酒が振舞われフロアは阿鼻叫喚状態に。
DRAGON1さんyackさんゴメンナサイ。もうこのころは体温と酒と暑くなったフロアにグロッキー状態。
Fuzzと話し込んでて.zipや司はガチガチでほとんどぐちゃぐちゃでなにも覚えてないです。

■DJ Eccy+RANSEL djタイム
djタイムなのにラップがやけに生々しいなとステージを見てみたら抹うたってるしwww
オマイどんだけ歌うねんw
風玉や司ともからんでいたけどどこに当てはめても違和感なくフローするスタイルはスゴスでした。

■.zip登場!
アカペラの掛け合いから始まる二人の噛み合わせは天下一品。
リズム感や発音も他の人よりかなり上を行く。
予想もせずにマイトラック3曲目がかかりうれしい。
本名を連呼されて客にいじられるってスタイルが定着してて禿げ笑ってしまう。
キックもベースもちゃんと出ててFuzzに褒められ、オマイには負けるよ~とTM褒め殺し合いwww(*´ω`)(´ω`*)
http://chstyle.rim.zenno.info/15/korabo-ul.mp3 ←track by 30分

■司登場!
きょうこそ司。ありえないほどの緊張状態だったので心配で心配でFuzzも立ち上がって見守る。
名曲、明日のリフレイン。あの緊張から一気に爆発。素晴らしい歌声でフロアを圧倒する。
司を知らない人でもノリノリにさせるその天性に圧倒される。
トラックも全域ばっちりでてるし無問題。全身を肌全体で感じられる音これがクラブの音だ。
ガンガレ他のトラックメーカー!(俺もナw)
Fuzzは新曲昨日のリフレインが気になる模様。
イントロのキックが鳴り響く。ああもうこれだけおkって感じ。
司も昨日やっと完成した昨日のリフレインは昨日のものとは思えないクオリティーで
ちょと異質なくらい完成度高かった。
http://chstyle.rim.zenno.info/16/124.mp3 ←track by FuzzBox

■RANSEL登場!
もうこの頃は皆飛んでました⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン
オープンマイクとかもうわけわからんwwww
RANSELトシキの言葉に感動。
暴れん坊抹を支える彼女に感動。
つぎは倍の箱でやりたいなぁ~絶対!

はじめて会ったラッパークマー、風玉、しみいた、FuzzBoxに感謝。
同じ場所に居たのに会えなかったTH10と幻想法師。今度はゼッテー捕まえるw

トイレでHIPHOPは禁止の方向でwwwwwwwwwwwww

皆さん乙でした。
抹ありがとう。

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

21 : 38 : 49 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(20) | page top↑
妄想なんで苦情とかご意見とか受け付けておりません
2006 / 03 / 26 ( Sun )
ミックス講座はやく始めたいのですがもう少しお待ちを。
準備が大変でつか構想はもうまとまっているものの
ソフトのダウソやっと始めて使い方確認してるくらいで
全然進んでないのでもうちょい待ってくんろ。

いやそんなことわざわざ書く必要なかったんだけど
IGAKICHIの曲を聞いてピーンΣ( ̄□ ̄ =)ってきたんです。
みるきーの求めてたのってこういう曲のことじゃないのかって。
コテハンは全員DIS返せって煽ったものの
その奥には皆実力もそこそここなせるまでに成長して来たけど
もっとその上に行こうとせずにいつものコテがいつもの感じでうpしてくる。
確かに急激な変化はなくても日々成長は感じるものの
他のことに夢中になってもっとスゲー曲つくろうぜッ!って空気は
どこかに消えリアルな馴れ合いだけがスポットを浴び
ギクシャクした流れになっていったのかもしれない。

皆みるきへの返しのDIS曲をうpしてくるものの時間も無く
心情的には熱いものをヒシヒシと感じるものの
楽曲として完成度の高いものは少なかった。
みるきーのDIS曲の完成度の高さに負けじ劣らじの
IGAKICHIの曲を聞いた時あーこれだこれ!
と一人でうんうん頷きながら納得して聞いた。

もっと音楽やろうよラップやろうよ曲作ろうよ。
心情的な部分で馴れ合いつか仲間意識も大切だけど
音楽的な部分まで馴れ合っちゃったらそれはもうダメかもしれんねみたいな。
みるきーの秘めたメッセージがIGAKICHIの曲でやっと汲み取れて理解できた。

ここはひとつ悪者になって空気に飲まれてた全コテを叩き起こそうとしたのかな?
と勝手な妄想だがそう思ってしまった。
IGAKICHIの曲を聞くまではそんなこと思いもしなかったのだけれど
心情的な部分も音楽的な部分も両方引っくるめてアンサーしたのは
この曲が最初で最後だなって感じてしまった。

心情的にはとことん馴れ合って音楽的なところは
喧嘩してでも妥協しない間柄になれたらいいのになと切に思った。
milkyとIGAKICHIに感謝。

きっかけとなった最悪の流れが吹っ飛んでる件については
見事な流れ塗り替えたつーかあのコテとあの元コテはマジで皆に感謝汁!
未だにそれを煽るレスが出て来るけどそんなのスルー汁!絶対レスなんかすな。
それが仲間やスレを守る為の真の馴れ合いじゃんよ。

名無しでカキコするからバレないよって思ってるのは大間違いだかんな(゚ロ゚)凸
18 : 43 : 47 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(13) | page top↑
拝啓サランRap様
2006 / 03 / 23 ( Thu )
サンプリングや著作権についてなんだけどその言葉のイメージに惑わされてはいないかい?
著作権ってまあ法律なんだけど“オレが作った”ってハンコみたいなもん。
例えばサランのフローや声をどんなに上手く真似るMCがこのキャラも独特のフローもオレが作った
って言われたらどんな気持ちがするだろう。
著作権は盗む側じゃなくて盗まれる側を守る為にあるってのが分かってもらえるかな?
例えばButsのスゲーかっこいいトラックの美味しいところだけサンプリングして
適当に音を足してこのトラック“オレが作った”って知らない奴に言われたら腹が立つでしょ。
Butsの名前も表記しないでさもそいつが作ったような顔してるのに堪えられる?
俺はとてもじゃないけど堪えられないよ。
他人の“カッコよさ”を借りて褒められて喜んでるのって笑えるくらいカッコ悪くない?
だから俺はフレーズサンプリングをやめました。
先にも言ったように自分がされて不快なことは他人にもしない。
別に法律だから難しく考える必要はないと思います。著作権ってそういうことだと思います。

オレはオレだぜってのがサランのヒップホップなんだとずっと感じているんだけど違うのかな
自分が一生懸命頑張って作ったものをサンプリングなんて幼稚園児でもできるような方法で
盗まれても黙ってられるのなら最初から著作権なんて自分のハンコを主張しなきゃいい。
名無しのフリートラックやフリーサンプルで出せば喜ぶ人も多いかもよ。
30分は自分にしか出せない自分を主張したいから
著作権は侵害せずにオリジナルで30min/dogの著作権でいいものを作れたいいなと思ってます。

著作権はスレの曲を守る為にもあると思う。
みんなの曲がみんなの作ったものである為にもその逆をやっちゃいけないと感じてる。
著作権を軽んじる今のサランの考えは泥棒が泥棒に入られるのを嫌がってるみたいだよ。
オレンジDISはあんなにカッコ良かったのに自分は著作権無視でサンプリングおkってのは
いちファンとしては騙されたって感じでがっかりするよ。

でもねサンプリング元の表記や保管庫×とか少しずつわかってもらえてるのかなって思ってます。
レスにも書いたけど皆このスレが大好きなんだ。サランの思いに負けないくらいね。
考え方ややり方が違ってもいいじゃない自分の好きなように信念持ってやれば。
唯一無比のサランのラップが大好きなように唯一無比のトラックでがんばるよ30分も。

ああまた長文になっちゃったけど読んでくれるかな~
せっかく熱いメッセージでDISってもらったので大好きなサランに
リリックも書けないので30分からの心からのアンサーDISです。



追記
いぜん30分が叩かれた時よりひどい荒れっぷりで他人事とは思えずスレを見てるけど
なにがあったか知らないけど罵り合はやめて罵り愛を聞かせてくれよ。
仲間としての愛があるからDISが面白いんじゃなかろうか?
少なくても今回の曲30分は罵り愛を感じるから笑ってられるが
そう感じない罵り合にしか聞こえない人の気持ちも考えてみようよ。
自分がされて嫌な事は相手にもしない思いやり思いやり。
19 : 05 : 52 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
東京OFFレポート
2006 / 01 / 10 ( Tue )
せかちゃんくるーついに東京に集合である。
つーかOFFなんてものが初体験で緊張してしまう。
とりあえず原宿表参道口集合とあるので竹下口から出てみる。
気を落ち着ける為に珈琲屋なんかで一服ついてると
携帯を晒しておいたゴールドから電話が「30min/dogさんですか?」
「はい○○です。」って本名言ってなんともちぐはぐな会話、ゴールドは少し遅れるらしい。
一足先に表参道口に行ってみるものの“1972”のニット帽を被ったkon打rookなんて
人が多過ぎて分からない。つかニット帽なんてそこら中にいる。
集っていれば騒いでる連中がそれだろうから分かりやすいと思ってたけど待ち合わせの人も山ほどいる。
やっぱり顔も知らないのに曖昧な集合って大変だなぁ~と実感。
隣の待ちぼうけのおネーさんと一緒にお茶でもしたいところだがそうもいかない。
歩道の方でタバコを吸うのにも飽きて改めて改札の方とか見渡してみる。居ない(´・ω・`)
いやゴールドとみなのは顔を知ってるブログに顔を晒してる。
みなのを探せばいいんだ!
と再びうろうろするとみなのらしき顔の人が一緒に居るニット帽を被ったのはkon打……
そ~っと近寄ってみる。「ど、ども」精一杯の挨拶をしてみる。
kon打rookに自己紹介する前に30分さんですか?と言われハイそーです。と会話終了。
なんかどう中に入っていいのか空気が読めない。
kon打rook,みなの,ZAFFU,ぬるぽ,吟遊詩人そっくりの名無しさんと取り留めの無い会話をするものの
話が続かない。あ~なんか帰りたくなって来た。
とゴールドが参上ラジカセを持って来てくれてる。なにより若い人ばかりなので
同世代がいると少なからず安心してしまう。
kon打が関西組と連絡してもうすぐ原宿に到着するらしいとの連絡が。
ぬるぽがノートを取り出し“ぬるぽ”と書き改札のところで高々と掲げる
隣ではkon打rookが“ガッ”って書いたのを掲げて改札を抜ける人達が見てはいけないものを
みるよう通り過ぎていく。勇気あるな~このスレは誇れるが2ちゃんねら~と思われるのは
恥ずかしいと思ってしまう。

なにやら改札の方が騒がしくなっている。たくさんの荷物を持った集団がヌルポやガッと抱き合ってる。
やっとキタな~と思っていたら切符販売機の前に荷物を広げ肉じゃがの持って来たうまい棒を食べている。
もうサランや肉じゃがのテンションはトップギアでなんだか止まらない感じだ。
原宿は今も昔もおのぼりさんのメッカではあるがこの集団は超が付くほどのおのぼり集団だ
かなり通行の邪魔になっていたと思います。すみませんでした。


人が多くてなにがなんだかわからないまま駅に数名を残しさっそくサイファーしに代々木公園へ向う。
最初公園の中に入ってみるが原宿駅とは逆にぽかーんと静かでどうしようかと迷っているところに
tom2がバンドとかよく集ってる代々木体育館の方へ行こうと提案。
売店の前に場所を陣取りやっと一息。肉じゃがとぬるぽは走り回っている意味不明w
ゴールドが徹夜で作って来てくれたブレークビーツをとりあえずかけてみる。
最初は誰もマイクをとろうとしないのだがサランとゴールドが一気に火を着けてくれた。
そんな中いかにもBBOY風の男が参上もんちーである。
言葉がよくそんなに次から次へと溢れ出てくるもんだと感心する勢いでラップする。
そのテクニックは通り過ぎる人達も驚いている様子だ。
一見するものの通り過ぎようとする女子に可愛いじゃん聞いてってよと
通行人をいじりながらの即興ラップも経験値がちょとズバ抜けてるかんじ。
サランが真似して女の子にからみながらのラップも面白かったが
スレではお馴染み“スク水でH~”“俺の○○コはキレイだぜ~”とか言い始めた時には
視界にある人が全員振り向いた。さすがに恥ずかしかったが最高に面白かった。
もんちーとちょと話してる時にゴールドのマイクから「オレは黒人!」ってラップに
話が飛んでしまうくらいウケてしまい二人でサランとゴールドは天才ってことで認定させてもらった。
ちさつが遅れてやってきた。関西OFFレポではちさつは怖いってあったので
どんなおっかないのが来るのかなと思っていたら落ち着いた大人っぽい感じで拍子抜けした。
それよりButsの方があきらかにワルっぽくて想像してたイメージとは全然ちがう生身だった。

サイファーは途切れる事無く続いている。二人でマイクを持ってスレでは見られない
組み合わせとかOFFならではの醍醐味だ。
印象に強く残ってるのはもんちーと肉じゃがの組み合わせがすごく良かった。
人が多過ぎてもんちーとButsとゴールドと¥で音楽の話がちょっとできたくらいで
皆とは全然話せなかったけどすごく面白かった。
サランとかはまたゆっくり話してみたいもんです。
後半は陽が暮れて来て寒くてしょうがなかったけど熱い二時間半はあっと言う間でした。
ゴールドと30分は疲れ果てサイファーで皆とお別れして
寒い疲れたと若者のテンションに圧倒されつつまたやりましょうと誓い家路に向いました。


以上30分東京OFFレポですた。
今回(っても初参加だけど)一番皆に気使って盛り上げてくれてた
MCぬるぽに優勝トロフィー差し上げたい。
18 : 13 : 26 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。